大腸癌は大腸の粘膜部分にできる悪性腫瘍のことで、結腸癌と直腸癌のことを指して言うようです。

大腸癌闘病記

癌が改善しなければ全額返金!

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

>> ガン患者を完治!食養理論の決定版!



大腸癌闘病記

大腸癌の闘病記は、ネットを活用すると見ることができます。個人の方がブログで大腸癌の闘病記を綴っているのです。現在も大腸癌と格闘中という方の闘病記もあれば、検査が良好で根治の可能性もでてきたという闘病記もあります。どの方も大腸癌と前向きに闘っているので、闘病中なのにもかかわらず、闘病記を読むだけでは暗さが全く伝わってきません。大腸癌と闘っている本人は辛いのでしょうけれど、その辛さに周囲を巻き込みたくないという配慮なのでしょうか。明るく前向きに大腸癌と闘っている方の闘病記を読んでいると、現在の自分の生活を反省しなければならないと痛感させられる部分もあります。

大腸癌で闘っている方は、同じ病気の方の闘病記を読むと勇気をもらえたり、生活していく上で大変役に立ったりするのではないでしょうか。私は大腸癌ではありませんが、交通事故で右足を骨折し手術を受け、その後、その部分が化膿をしてしまい1年間に5回の手術を経験しました。大腸癌の闘病記で手術のことについて書かれている方もいるようですが、手術は麻酔が最も痛くて怖いと私は思っています。足を手術するので腰に部分麻酔を入れるのですが、針先で背骨をぐりぐりと探られるので、これが大変痛いのです。麻酔が効いてきて、いざ手術となれば、もうまな板の上の鯉の気分で煮るなり焼くなしすきにしてくれという感じになりますから、精神的に滅入るということはありませんでした。ただ、大腸癌の闘病記と私の手術後では、その後の経過が大きく異なると思います。それは大腸癌の抗がん剤の投与でしょう。私は癌ではありませんでしたから、手術後は2週間程度の抗生物質投与があり、食事も3日目ぐらいには普通食になりました。闘病記によると大腸癌の方は抗がん剤投与があり、食事も満足に摂取できないようですから、とても辛いと思います。

大腸癌の闘病記は、ネットを使うと誰でも簡単に読むことができます。患者本人が大腸癌の方の闘病記を読めば勇気をもらうことができるでしょうし、家族の方が読めば大変参考になると思います。また、大腸癌の手術を受けた後の過ごし方も闘病記では綴られていますから、ホームケアをどのようにすればよいのかも知ることができるでしょう。大腸癌は早期発見早期治療をすれば治る病気で、闘病記の中でも早めに検査をすることは大変重要だと書いている方もいます。ですから大腸癌かもしれないと思っている方は、勇気を出して検査を受けましょう。




a:2348 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析