大腸癌は大腸の粘膜部分にできる悪性腫瘍のことで、結腸癌と直腸癌のことを指して言うようです。

大腸癌の化学療法

癌が改善しなければ全額返金!

癌が改善しなければ全額返金!数々のガン患者を完治させてきた食養理論の決定版!井上俊彦のメディカル・イーティング(ガン篇)

>> ガン患者を完治!食養理論の決定版!



大腸癌の化学療法

大腸癌に化学療法は、サポート的なもので使われている場合が多いようです。化学療法とは薬を用いて病気を治すという方法のことで、抗がん剤を用いた大腸癌治療は手術後に行われたりするのだとか。まずは大腸癌を手術によって取り除き、その後転移や再発を防ぐという目的で化学療法を用いるというケースもあるようです。ただ、大腸癌は手術にしても化学療法にしても、担当医とよく相談して治療計画を立てることが重要のように思います。大腸癌を患者本人に告知していない場合は、家族と担当医で化学療法も含め治療方法が相談されると思います。以前私は知人から、大腸癌は化学療法によって治ると聞いたことがあります。その話が本当かどうかは私も医師ではないので定かではありませんが、大腸癌というのは抗がん剤などの化学療法で直すことができるらしいのです。ただ、大腸癌を治療するために、どんなに良い化学療法を用いても、癌を消滅させる前に人間の体のほうがもたないのだとか。化学療法によって髪が抜けたり、吐き気が物凄くて食欲を失くしてしまう大腸癌患者もいるので、癌を化学療法で全滅させる前に人間の体のほうが悲鳴を上げてしまうようなのです。そして、化学療法をしている間は、大腸癌患者の家族も大変辛いのだとか。化学療法をしている間、大腸癌患者は大変辛い思いをするので、患者自身が煮るなり焼くなり好きにしてくれというような感情に襲われるようです。その大変さを目の当たりにしてしまうと、医者からもう一度大腸癌を治すために化学療法の抗がん剤を投与するかどうかを問われると、家族は投与すると言えなくなってしまうのだとか。ただ、化学療法が大変であっても大腸癌と徹底的に戦うと覚悟を決めたなら、患者の体力がもつ範囲内で投与をしてもらったほうが良いかもしれません。

大腸癌に関する情報が、インターネット上にはたくさん寄せられています。そして大腸癌に用いられる化学療法についての解説も、ネットを活用すると簡単に見ることができます。ただ、簡単に見ることはできても大腸癌の化学療法に関する解説は、医療分野の難しい用語がたくさん並んでいるので、理解できないという方もいると思います。そのようなときは、相談しやすい医師に大腸癌の化学療法について、思い切って聞いてみてはいかがでしょうか。大腸癌を治すには信頼できる医師のいる病院を選ぶということも重要だと思います。ネットを活用して情報を収集し、信頼できる医師のいる病院で大腸癌の治療と化学療法を受けると良いでしょう。





a:1403 t:1 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.53
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

QLOOKアクセス解析